平屋のメリット

平屋を建てるメリット

住まいに関するあるアンケートによると、終の棲家にするなら、2階建てよりも平屋を好む傾向が強いことがわかりました。広い土地があるなら平屋にしたいと考える人が多い理由の一つとして、家族とのコミュニケーションが取りやすいことが挙げられます。家族みんなが同じフロアにいるので、必然的に顔を合わせる機会が増えるからです。

耐震性の問題も関係します。平屋は、同じ面積にかかる重量が、2階建て住宅よりも軽くなるため、地震の被害が少なくなる傾向が見受けられます。平屋は2階建て以上の住宅と比較して、作りがシンプルで、メンテナンス費用も安く済みます。また、2階建て住宅に必要な階段スペースを、居住空間にできることもメリットと言えるでしょう。

平屋を建てる際の注意点

メリットの多い平屋ですが、安心して快適に過ごすためには、建てる際に工夫が必要です。まず一つとして、プライバシーを確保できるように設計する必要があります。特に、交通量が多い道路沿いに平屋を建てる場合は、道路に面した側の窓を大きくすると、外から家の中が丸見えになってしまう危険性があります。コミュニケーションがとりやすい反面、室内でのプライバシーを確保しづらくなるため、思春期や受験勉強が必要なお子さんのための個室を作るようにします。

平屋は、2階建てに比べて空き巣が侵入しやすいと言われます。対策として、防犯性の高い鍵を採用したり、窓を二重にできます。窓や勝手口など、侵入経路になりやすい部分を中心に、歩くと音が出る砂利などを敷き詰めておくとよいかもしれません。

分譲住宅のメリットは、完成済みの住宅を見てから購入することが出来るので、計画が立てやすいです。また、多くの人に受け入れやすいデザインが採用されています。