ウッドデッキを作って平屋に広がり感を与える

限られた敷地の中で開放感を演出できる

ウッドデッキを置くのはおしゃれな雰囲気を持たせる他、敷地をより広く見せる効果があります。地面に足をつけずに屋外を行き来できるスペースがあると、その分だけ居住スペースが増えたように感じます。同じ面積の敷地でも居住スペースが広いほど開放感を感じますが、ウッドデッキは住宅を建て増しせずに広く見せるのに最適な設備と言えるでしょう。また、ウッドデッキに使われている木材の質感は家庭的な温もりを感じさせる効果もあります。丸太小屋のローカルなイメージに繋がり、牧歌的な雰囲気を連想させます。日本家屋にはない西洋的な雰囲気も併せ持っているため、和洋折衷な居住性を手軽に楽しむならウッドデッキが最適と言っても過言ではありません。

ウッドデッキの上手な扱い方について

居住スペースを広く見せる効果があるウッドデッキですが、開放感を演出するなら配置する方角は南に寄せるのが適しています。日中の日差しを浴びて柵の影を伸ばす様が健康的な雰囲気に繋がり、快適な住み心地を実感させるためです。また、日差しを浴びることで常に乾燥した状態になり、木材が湿気で傷むリスクを軽減できる効果もあります。日本は一年を通して湿度が高く、木材が傷みやすい環境なのでお気に入りのウッドデッキを長持ちさせるなら設置場所には十分に気を配らなければいけません。害虫による食害も大きな問題なので、防虫効果のあるコーティング剤を塗布したり、敷地内の雑草をこまめに取り除いて害虫の発生を防ぐなどメンテナンスも怠らないように心がけます。

新築一戸建ては、自分の好みや家族の希望に合ったデザインを選べることや、適切な時期にリフォームをすることで同じところに長く暮らせるといった長所があります。